6月30日~7月11日まで、台湾からのボランティアと里山整備で交流する国際ワークキャンプ


6月30日(火)~7月11日(土)までの間、非営利活動法人NICE(ナイス)と共催で、台湾から15名のボランティア、日本、上海、香港から4名のボランティアに来ていただき、竹林3か所を整備して、そこから出した材料で炭焼きの手伝いをしてもらいます。

普段、少人数ではなかなか多くの面積の竹林を整備するのは難しく、手をつけはじめても翌年には整備する前のような状況になっています。今回は20名ほどのボランティアに来ていただくので、一度にまとまった量の竹林を整備することができます。

竹林整備の過程で、多くの枯れた竹が出てくるので、それをインスタント無煙炭焼き窯や、無煙炭化器を使い、炭にするお手伝いもしてもらいます。作った炭は、販売して収益をフィリピンでの貧困や環境の改善事業に使うことと、燕や三条の農家に土づくりに使っていただき、7世代先まで豊な農地を作って、よりおいしくより健康な米や野菜を作っていただきます。

国際ワークキャンプとは

国際ワークキャンプとは、国内・海外で世界の仲間や住民と一緒に、地域のために動く「合宿型のボランティア」のことです。日本を含め、世界約95か国、3000か所で開催されています。

参加者募集

【日中の作業の手伝い】

日中、海外からのボランティアと里山整備や炭焼きを通して交流することができます。人との交流は面と向かい合うと緊張したりして、しかも外国語なのでうまくいかないこともありますが、自然の中で体を動かしながらだと自然に近づくことができて、交流が生まれます。

【夜一緒に食事】

食事は、食事当番を決めてボランティアに作ってもらいます。一緒に台湾の食事はどうでしょう。

食事に参加する場合は、今回のボランティアの食事代にあてるので、500円~置いてってください。

スケジュール

ワーク内容宿泊場所
6月30日(火)22時頃、新潟空港からグリーンスポーツセンターへ到着。グリスポ
7月1日(水)午前中オリエンテーション。
午後から大崎山周辺の整備
グリスポ
7月2日(木)午前中大崎山周辺の整備。
午後からバスで中心市街地へ移動
KAJI
7月3日(金)自由行動。
宿泊場所周辺の中心市街地周辺で観光。
夕方、グリーンスポーツセンターへバスで移動。
グリスポ
7月4日(土)月岡の竹林を整備。グリスポ
7月5日(日)午前中大崎山から三条ものづくり学校へ移動。
11時頃から、ものづくり学校調理室で料理、食事会。
午後からホームスティ先から迎えに来ていただく。
ホームスティ
7月6日(月)ホームスティ先の手伝い(有機農業、炭焼きなど)ホームスティ
7月7日(火)自由行動。夕方までにグリスポ着。グリスポ
7月8日(水)トリムの森の竹林整備。グリスポ
7月9日(木)長嶺の竹林整備。グリスポ
7月10日(金)午前中は作業した場所の後片付け。
午後は宿泊場所の片づけ、フェアウェルパーティの準備。
グリスポ
7月11日(土)10時頃チェックアウトグリスポ

 

ご協力

logo 里山整備で使うためのノコギリをたくさん提供いただきました。
sanjoshi 今回の国際ワークキャンプに後援をいただきました。