3月18日 セントチャコールズデーとは


ウィキペディアによると、毎年3月18日はセントチャコールズデー(St.Charcoal’s Day)です。日本では祝日にはなっていないため、その前後の週末に祝う。

【セント・チャコールズデー】

大切な人の健康と幸せを願って、炭を贈る日です。健康に役立つ炭や炭を使ったグッズ、食用炭の入った食べ物を作って大切な人に送ります。

毎年盛大なパレードが世界中の各都市で開かれています。顔を炭で黒く塗り、個性的な服装で町を練り歩きます。パレードで演奏してもいい曲は、曲名に「ブラック」がつくか、歌詞の中に「ブラック」が入っているものに限られます。人気な曲は、「Paint it Charcoal Black」や、「Men in Charcoal Black」です。

この日はパレードだけでなく、居酒屋では黒ビールに黒ギョウザや黒から揚げを飲む習慣があります。黒ビールがない場合は、普通のビールに食用の炭を入れて黒くします。そして何か黒いものを身につけるのが習慣になっています。

【セント・チャコールとは】

世界で初めて土壌改良や健康改善のために炭を普及させた人物。英語で炭のことを「チャコール」という語源となった人物。

5世紀前半、まだ炭が燃料としての認識しかなかった時代に、炭の健康効果や土壌改良、地場調整効果などを発見し、作物の収穫量や干ばつや病気への耐性を向上させ、様々な人達の健康を改善した。

元々は貧しい農民だったが、畑で冬のための炭を作った年に収穫量がアップし、干ばつのときに他の農家がほぼ全滅した時でも豊な収穫ができたことから農業利用を発見した。

妖術使いと恐れられ、故郷を追われ、アイルランドへ亡命。アイルランドでは毎日寝る間も惜しみ、風呂に入る時も寝るときも炭と一緒に寝ていたことで長年持っていた頭痛がなくなったことから健康に役立つことや地場調整効果も発見した。

アイルランドでも一時はうそつきよばわりされた上、亡命を許してくれた敬愛する王の風呂に炭を入れた罪で処刑されそうになったが、王が長い間苦しんできた病気から健康を取り戻したために処刑をまぬがれ、普及を許された。

その後は国をあげて炭を健康改善や土壌改良に使うようになった。彼の命日である3月18日を記念して、「セント・チャコールズデー」になった。(このストーリーには若干のフィクションが含まれています)