社会全体で農地の土壌劣化の改善に取り組む仕組み作り(案)


前回の投稿で考えた、社会全体で農地の土壌に対して責任を持ち、炭をフリー化することについて詳しく考えて、この1年でテストし、来年から小規模の炭生産者や農家、そして消費者をつなぐプラットフォーム化することができないかと考えています。

炭をタダにしたいと考えたのは、米作りから得られる収入は思ったより低く、農家の収入ってどうなってるんだろうかとネットで少し調べたところ、

■1反あたりから得られる収入
・農協の米の買取価格 1俵(60kg) 約14,000円
・1反から8俵取れるとすると、112,000円が反あたりの収入。

■1反あたりにかかるコスト
種苗代1.5万/反
肥料 1.5 万円/反
除草剤・農薬 1 万円/反
用水路整備や灌漑などにかかる土地改良費 2 万円/反
機械 2万円/反
(トータル800万円を8年償却で5町の水田を耕作した場合。年間100万円÷50反=2万円)

収入112,000-コスト80,000=残り32,000円

ネット上の計算ですが、あんなに苦労して米を作ってたった3万円。

そこに炭がいくら土にいいからといっても1反あたり
炭120kg x 400円=48,000円
農業用竹酢液or木酢液(20リットル)=10,000~30,000円

などを使うなんて不可能だと思いました。

そこで考えたのが、図のような仕組みですが

shikumi2

■サイクル
1.炭1kgを1ヶ月400円出資して農家にタダでくれる会員を募る。
2.1年で12kg。10人集まれば120kg。
3.120kgを、農家に使ってもらって米を育ててもらう。
4.農家から30kgとか60kgの米をもらえたら、10人で分ける。
5.農家と会員の交流が生まれて、農家が米の直販ができる。
6.炭を使っていたらいつの間にか化学肥料や農薬の量を減らすことができて、コストも下がった。
7.いつの間にか有機農家になってファンの多い農家になった。

これが実現できれば、

<参加者のメリット>
・米5~6kgもらえる
・マイ農家とつながる
・日本の農業の土壌を守っている

<農家にとってのメリット>
・お金をつかわずに土壌改良
・消費者とのつながり
・化学肥料、農薬を減らせるかも
・有機化へのきっかけ
・ブランド化へのきっかけ

<炭焼き/週末炭焼きのメリット>
・作った炭を適正な価格で買ってもらえる
・自分の山がきれいになる

<社会的メリット>
・持続可能な土づくりへのきっかけ
・有機農業へのシフトのきっかけ
・週末炭焼き、兼業炭焼きが増え、森が豊になる

という仕組みにして、全国的なプラットフォームにしようと、図のようなことを書いて電卓片手に一生懸命計算しましたがやめました。

最初から仕組みをギッチリつくって、契約書を交わした取引みたいにせずに、もっとゆるやかな関係で、米や野菜をもらえたらそのつど先着順や抽選でもらえるようにしたほうが最初はおもしろいかなと思いました。それにいろいろな課題もあるため、ゆるやかな関係性でテストしていき、課題をひとつひとつ検証して解決していきたいと考えています。

最初はクラブハウスのメンバー募集と一体化して始めてみようと思います。炭を農家に提供し、何かもらえたら抽選や先着順にして、欲しい人をここで募るとか。何もいただけないのではという心配もあると思いますが、私は去年、自分でも畑をやっていましたが、いろいろな農家や家庭菜園者から次々にいろいろなものをいただきました。お礼できるものは炭しかないので、炭や竹酢液でお礼をしていました。そのいただき物を、お裾分けするような感じで始めてみたいと思います。

将来的には、炭生産者と農家と消費者をつなぐプラットフォームを目指していますが、試験的に始めてみたいと思います。クラブメンバーになっていただいた方ひとりにたいして毎月1kgの炭を協力農家に差し上げます。小規模生産の農業用の炭の購入費用は約400円のため、月会費1,000円のうち400円が炭代として使われ、残りの600円が研究会への参加費としてお考えください。

1年間で12kgの炭を農家に提供することになり、10人いれば120kgの1反分の炭を提供することができます。

ご協力いただける方は、ぜひクラブメンバーになってください。こちらから登録することができます。

■クラブメンバーの集うクラブハウスについて

クラブハウスは未来の仕事や生活を考える研究会で、下記のようなテーマで参加者が研究し実践し合うコミュニティです。

【研究会の名前】
食べ物作り、森林資源や山村テクノロジーの活用、自然の中での肉体労働、その他フリー、シェア、マイクロ起業(月3万円ビジネス)などを通して、文明的自然的にも激動の時代を生き抜くための生命力をアップし、社会の新しい仕組み作りのためのスキルを身につけ、生活及び仕事実験を行い、そのためにアクティブに動けるように健康でセクシーな体を作り、かつ地域社会及び世界の中の自分たちの役割を果たす研究会

【研究内容テーマ】
※この他にご希望のテーマがあればお知らせください。

・日本及び世界の食糧問題及びその背景にある問題の改善に取り組む
・炭、炭焼き窯、調理ストーブの構造や活用法の研究
・フリー経済での事業モデル
・フリーやシェアなどを活用してタダ(支出を減らして)生活する方法
・自分のスキルを売って物や小金と交換する方法
・外国語の勉強方法、留学、海外で仕事する
・発展途上国の問題や解決方法の研究
・オンライン大学などでタダで勉強したり単位をとる
・ダイエット、筋トレで健康でセクシーな体を作る
・BOPビジネス
・山や畑の買い方、借り方、活用方法
・レディもしくはジェントルマン的なマナーと教養を身につけ、国際性アップ
・米の海外販売
・若者対象とした国際理解教育をする

 

活動をサポートしていただける方は、ぜひクラブメンバーになってください。こちらから登録することができます。


コメントを残す