炭で育てた食材を炭火で調理し、炭パウダーで黒くしてデトックス食品にしてマルシェで販売するための試作品


今年こそは、炭で育てた農作物を、炭火で調理して、しかも炭パウダーで黒くして健康にも良いという食べ物を作って販売して、売上の一部が途上国での炭焼きの活動の費用の一部になるというのを本格的にやるぞ!と決意し、まずは自らが炭黒になって動かなければならないと思い、三条マルシェに出店することになっています。

手作りの豆腐屋さんの諸橋さんと一緒なので、がんもどきや油揚げを使ったメニューで考えていて、6月20日にその試作会を行いました。

 

いろいろな食材を用意して組み合わせてみましたが、全員一致でダントツで美味しかったのが油揚げタコスでした。7月の三条マルシェでは、ソンブレロかぶってメキシコの音楽をBGMにタコス売っているかもです。

個人的に、二番目にうまかったのが、油揚げに季節の野菜っぽいもの全部入れた和風な感じのもの、次はコチュジャンで味付けした野菜を入れたビビンバ油揚げでした。

その他のものも普通に美味しかったのですが、1個食べたら涙を流して感動し、2個食ったら火を吹いて、3個食ったら走り出すほどの美味しさではありませんでした。

shisaku1

こちらが表面ベロっとなってしまいましたが、油揚げタコスです。

IMG_20150620_123222

その後、こういうことをFacebookページに上げて、油揚げは案外、洋の食材と合うのでしょうね、とコメントいただいて、そういえば、豆は世界中で食べられているし、豆腐は形はかなり違えど豆の味そのものだから世界中のいろんな料理に合うのだろうなと思いました。

そこで、メキシコ料理で豆を使う料理といえば、チリビーンズなので、ビーンズの代わりに油揚げを使ったものを作ってみました。

。豆は入っていませんが、油揚げに挟んであるのでチリビーンズという名前に嘘はありません。食べてみた感想としては、油揚げも豆なので、違和感なし。チリビーンズそのものだ、といいたいところですが、全く別の食い物です。

shisaku3

 

油揚げをタコスにしたときには気づかず、今日、油揚げに豆なしチリビーンズを挟んだチリビーンズを食べた時に感じたこと。

通常、パンとかトルティーヤは皮自体に塩分とか糖分が入っているので、それだけでも美味しく、中の具と合わさってx2とか2乗、3乗の美味しさになるのですが、油揚げだと塩分とかないので、パクっとして最初に舌が油揚げに触れたときに、素材の味だけで勝負しすぎている感がありました。

味噌を挟んだ油揚げを食べるときにはこういう違和感は感じねぇじゃねぇかと思ったけど、味噌を挟んだ油揚げをたべるときは、何分割かに切ったのを食べるから、味噌が最初に舌に当たる確率がかなり高いからだろうか。

非モテにも愛が必要なように、油揚げにも塩分が必要なのだろうか。であるならば、油揚げを焼くときに、塩を少しふるとか、ハケで醤油を塗って、炭火で炙ったところが焼きとうもろこしの屋台のようオーマイガッ的な我慢できないたまらない香りを漂わせてからタコスにしたり豆なしチリビーンズにしたりすると、醤油が異国の香りと良い感じにマッチしたりするんだろうかと思いました。

shisaku4

そこで、油揚げの表面に醤油をたらして醤油をたらして焼いた油揚げの中に、昨日の試食会の残りのインドカレーを詰めてみました。焦げた醤油のとてもいい香り。しかし中の具材のカレーと合っているのか合っていないのかわからないということは、合っていないということですね。カレーパンのようなイメージになると思いましたがちょっと違いました。表面が醤油だからね。

具材がインドカレーの場合、油揚げの表面にもタンドリーチキンのソースを塗ってから炭火で焼くというのが正しいのかも。ではタコスの場合は、チリパウダーなどのタコスシーズニングかな?

あと、学んだことは、油揚げには単一の具材でなく、いろんなものをたくさん詰めたほうが美味しいということがわかりました。昨日の試食会で一番人気だったのがタコスだったのもタコミート、レタス、チーズ、サルサが入っているので、かぶりついたときにそれらの具材のどれかが口に当たる。

2番人気だった「和風テイスト夏野菜全部載せ」も全部載せの名前の通り、これでもかといろんなものを詰めた。今回のカレーだけとか、チリだけだとイマイチ。1個食べたら飛び上がり、2個食べたら火を吹いて、3個食べたら走り出すほど旨い油揚げメニューの基本は、「いろいろな食材を、タップリ詰める」ことだと思いました。納豆だけとか、ネギ味噌だけとかでも美味しいんだけど。

炭料理がテーマなのに、豆腐料理にすり替わってんじゃねぇか!とのご指摘はもちろんです。
頭がかなり炭から離れていました。しかし、炭火で油揚げを焼き、炭で育てた農作物を使いますし、どこを黒くするかは決めていませんが、黒くしてこれを食べた翌日には、体内のいろんな悪いものをタップリ吸着した(と思われる)真っ黒なうんこが出ること間違いなしの、デトックス効果もタップリある炭黒料理にしていきます。