佐渡の炭焼きカルロス訪問(カルロス邸編)


フィリピンから帰国して自宅についたのが6月15日の夜11時頃。翌朝4時半出発で佐渡で竹炭を焼いたり、竹細工を作ったり、竹のドラムのバンドをしていたりするとにかく竹が大好きで、竹に関連する様々なものを仕事にしているブラジル人のカルロスさんを訪問。

佐渡は約10年ぶり。同じ県内とはいえ、やはりフェリーの出港時や、佐渡が見え始めたときとかは興奮する。その他の時間はほぼ寝ていますが。

IMG_1147

 

IMG_1150

港までカルロスさんに迎えに来てもらい、途中にあるカルロスさんが整備している竹林のひとつを見せてもらう。

佐渡の牡蠣養殖のいかだを竹でつくるのに、竹を出荷しているそうで、いかだにするためには太くて、9mほどまっすぐの竹ではないとならなく、雪の少ない佐渡でもなかなかみつからないそう。

この竹林はもともとかやぶきの民家があり、すでに崩れてほとんど跡形もなく土に返りつつあるが、この民家のあった場所にとても太い竹が生えている。

カルロスさんが推測するに、昔の家は土壁で、かやぶきなので、それらが土に返りつつあるときに肥料となってこの周りだけ竹を太くしたのではないかという。

IMG_1151

カルロスさんの自宅を訪問し、竹で作った楽器を見せてもらう。

7月21日に三条で竹の楽器のワークショップをやってもらう予定ですが、本格的な太鼓はつくるのに1年近くかかるため、シンプルな楽器のほうがよいと提案を受ける。

このほどいている楽器は東京から注文を受けた楽器で、このくらいならのこぎりだけで時間もあまりかからずにできる。写真下のほうの太鼓は欲しいけどやはり大変。

IMG_1152

こちらはカルロスさんの工房。

IMG_1153

本当に竹が好きなのが伝わってきます。

IMG_1154

窓から見え風景も、他の新潟の地域とあまり変わらない感じもするけど、なんとなく佐渡だなぁって感じがします。

IMG_1155

子供部屋で竹のハンモック発見。気持ちいい。

IMG_1156

 

IMG_1157

最近あまりつくらなくなってきているという竹の工芸品。ハシから髪飾りからピアスまである。

日本のおじいちゃんたちもけっこう竹の工芸品を作っているけど、やはり外国出身の感性で、全然雰囲気の違うものができますね。

IMG_1160

先ほどの竹の楽器はこんな風に演奏します。

IMG_1161

離れには炭焼き窯はないものの、竹の加工の道具がたくさんある。

IMG_1163

これはいぶし窯。籾殻をくん炭にするときの煙で竹をあぶる。

IMG_1191

そしてこれが竹をゆでる装置。竹をゆでて食うのか?と思った方もいるかと思いますが、竹をゆでると表面が透き通ったようにきれいになります。

IMG_1190

佐渡のレポートは次回に続きますが、7月21日(日)に三条に来ていただいて行うイベントの案内です。

竹音~Take on Take~

循環だね!竹のエネルギー。私を竹の世界に連れてって。

2013年7月21日 10:00〜15:00
三条市総合運動公園 トリムの森

お申し込みはFacebookのイベントページからお願いします。

https://www.facebook.com/events/140777302784521/141018936093691/

【目的】
竹は少し手を入れるだけで生活用品にもなり、炭にして農業利用や燃料利用もでき、浄化作用まであります。しかし今では竹林も里山も生活から離れてしまって荒れてしまっているので、1日竹の音楽を中心に遊べるようにし、竹を使ったエネルギー作りや竹炭で作った食べものの料理なども行い、親しむ機会を作る。また、講師のカルロスをはじめ、SADRUMメンバーも竹活用の活動をしているので、地域をまたいだ竹林活動の交流。

【内容】
・ 竹楽器作りと、演奏
・ 食事のための竹の食器作り
・ 竹や竹炭をエネルギーとした料理。
・ 竹を使った商品の販売
・ 上記の活動を通した参加者同士の交流など。

日時: 7月21日(日) 10:00~ (雨天決行)
参加対象: 小学生以上
参加費: 大人:2000円、子供500円(スープなどの材料費含む)
持ち物: のこぎり、おにぎり

*子供の参加には保護者が責任を持って一緒に行動することが必要です。

【スケジュール】
09:30 受付開始
10:00 音を探しに竹林へ入り、竹楽器つくり。
12:00 昼食準備、昼食
13:30 演奏練習
15:00 締めで1曲演奏し、解散

【講師】
・カルロス・エンヒケ (佐渡在住の竹屋。SADORUMメンバー)
・ 佐渡島の竹太鼓集団SADRUMのメンバー 3名。

【佐渡島の竹太鼓集団SADRUM(サドラム)について】
佐渡島の竹楽器グループ、サドラム。佐渡産の孟宗竹を使いほとんどの楽器を自作。身近な素材である竹を生活にも音楽にも取り入れる活動中。

【主催者】
ワークデザイン・リバイバルプラン クロスファンクショナルチーム(仮称)