ライバルのジェイソンがラジオ番組で炭のことを語る


炭を使った活動のライバルであるアメリカのre:char社の創業者、ジェイソン・アランブルさんが、ラジオ番組で1時間半もの間話しています。

まだ聞いていませんが、ちょっと聞いたところでは、スマホとかにつけるセンサーで、土壌の質を検査するようなアプリもつくっているようです。

ライバルながらアッパレとしか言いようがありません。

この方の活躍を見ると、「あしたのジョー」の歌が浮かんできます。

サンドバックに 浮かんで消える
憎いあんちくしょうの 顔めがけ
たたけ!たたけ!たたけ!
俺らにゃ けものの血がさわぐ

とはいっても憎いわけでもなく、叩きたいわけでもありません。

刺激を与えてくれる尊敬する相手です。

http://www.summerrayne.net/blog/jason-aramburu-revolutionizing-the-environment-with-biochar/