アフリカで炭で環境や貧困問題に取り組もうとしている方々に来ていただきました。


4月11日に、以前から連絡をいただいていた、アフリカで森がない状態で若い木を切って炭にして調理燃料にして森や木が育たないというエネルギー問題を改善するため、アフリカでの炭ビジネスをはじめようとしている方々に来ていただきました。

少しはお役に立てると嬉しいですし、いろいろと世界中の炭事情など情報交換していきたいです。

 

写真は、その方々が来る前に、近所の人が自作ドラム缶TLUDストーブを作ったから見てくれといってきたので、持ってきてもらいました。

しかし、残念ながらドラム缶の蓋の部分に煙突を取り付けるための穴が開いていなく、穴をあける道具もないので、金網を代わりに使ってやってみました。

しかし、結果は火がついたところから灰になっていき、最後は完全な灰になりました。まあ、丸山さんは火鉢に使う灰が欲しいということを言っていたのでちょうどいいでしょう。

それにしても、あんなにたくさん燃やしたのに、灰というのはちょっとしか出ないものですね。紙とかを燃やすと石灰とか燃えないものが多く含まれているので灰が多く出るのですが、自然な木や竹を燃やしてもあんまり灰は出ないものでした。

その後、インスタント無煙炭焼き窯で実演してみたのですが、そちらはちゃんと炭になっている。やはり天板がないことで、大量の空気が上から入り過ぎてしまうようです。2次空気は大量に入ればいいってもんじゃないですね。

まあ、失敗も含めてお見せすることができてよかったです。

写真手前は炭焼きの師匠の藤田さんです。

IMG_20150411_105832.jpg

 おみやげにいただいたのが、こちら、スピルナやサラシアの入った大麦の麺。

まだ食べていませんが、ラーメンみたいにしても、スパゲティみたいにして食べても良いそうです。

1食につき、10円がアライアンス・フォーラム財団のアフリカの栄養不良改善プロジェクトに寄付されるそうです。

糖質制限ダイエットにも良さそうです。

【アライアンスフォーラム財団】

http://www.allianceforum.org/

IMG_20150415_053929.jpg

窯のある場所の向かいの4kmにもなる山道に植えられた大山桜も咲き始めていました。今頃は満開でしょう。ぜひ4kmの散歩で見にきてください。

IMG_20150410_152407.jpg

最後は、燕三条の現在過去未来すべてを味わえる杭州飯店で食事しました。

http://tabelog.com/niigata/A1501/A150102/15000002/