ほぼタダの材料を使ったドラム缶のTLUDストーブ作り その2


お金も工作力もほぼゼロで、ドラム缶のバイオ炭窯(TLUDストーブ)を作る実験台2回目にして、完成しました。

もっといろいろと加工すればもっといいものになりそうですが、技術力ゼロでもできる範囲ではこのくらいが落としどころでしょう。

現に、もうちょっと加工してみようと、鉄ノコギリで切り始めたドラム缶の部品は、数箇所加工しなければならないのに、まだ一箇所の加工も終わっていない。

サンダー使えばあっという間ですが、回転工具は怖いので使いたくないし、そもそも持っていない(怖いから)。

さて、実験の解説です。今回は、煙突代わりのオイル缶の周囲にも、空気穴をつけました。

前回は煙がけっこう出たので、もう少し空気の流れをよくする必要があったことと、2次空気穴を上部に持ってくることで、煙が燃焼する位置を上げて、焼けて灰になる部分を減らせないかと考えました。

着火直後の写真が下の写真。前回よりも煙が完全燃焼しています。こんなに炎が吹き出してきているのは、着火剤代わりの杉葉が燃えているからで、段々落ち着いてきます。

1

ドラム缶とフタの隙間を作っているスペーサー代わりのクランプを外したら、オイル缶につけた空気穴だけで、2次空気穴の役割を果たしてくれるかと考え、スペーサーを外して、ドラム缶とフタの隙間をなくしました。

2

そしたら煙がではじめ、やがて下の写真のようにモクモクという煙が出てきました。

まあ、炭焼きの煙はこういう色なので、炭化している証拠ですが、煙突が幅広のため、煙が大量に出てしまいます。

3

道路の方にまで煙が行ってしまった。

「やばい!消防署が来る!」

と思いました。一応、この場所で炭を焼く前に届け出を出していますが、知らない人が火事と思って通報されてはかなわないと思い、煙を消す方向に。

4

もう一度、クランプでスペースを開けると、一瞬で炎が息を吹き返して、煙がなくなりました。

5

このようにかなり勢いがいいし、炎の位置も上側で燃えているので、下の炭の減りを防げそう。

6

炎がでなくなったので、ガス抜き完了。炭焼きとは、有機物のガス抜きのこと。

そしたらフタをして、空気が入らないように、重しをする。

7

出来上がりはこんな感じで、今回も入れた材料自体少なかったのでこんなものだと思う。これにて、α版とします。

8