がんもどき炭黒バーガーの試作


炭で育てた米や野菜、ハーブを味わい、黒い食用炭パウダーも食べることができ、炭火で美味しく調理された簡単な料理を食べてもらうために、三条マルシェに出店を計画しています。7月22日(月・祝)のマルシェを最初の出店として申請する予定です。

料理はいろいろと考えていますが、手作りの豆腐屋さんと一緒だし、数年前に一緒にがんもどきの炭火焼きでマルシェに出店したこともあるので、がんもどきをパン代わりに使って、ハンバーガーにしてその場でかじれるような感じに考えています。

そして、試作が始まりました。とはいっても私の夕食や弁当でですけど。

バーガーの中のパテは、ご飯のパテを考えています。その季節の野菜の混ぜご飯とか、ハーブライスなど。

そして、そのうえに乗せるソースは何が良いか、試してみました。

ただし、ご飯がなく、玄米しかもっていないので炊くのも時間がかかり、すでに夜も遅かったので、具なしがんもどきバーガーをつくってみました。

なんだそれ、ただのがんもどきじゃねぇかと思いましたでしょうが、全くその通りです。

記念すべき試作第一号はこちら。

 

■がんもどきバーガー 大根おろし&おろしショウガ&ポン酢 パテなしバージョン

感想: 普通においしかったです。だって、がんもどきに大根おろしやおろしショウガ載せて醤油とかつゆかけて食べますもんね。今回は半分にして挟んだ違いはありましたが、挟んだ方が美味しい感じがしました。
IMG_20150527_201228.jpg

 

 

■ 試作2号 がんもどきバーガー 田舎味噌ソース パテなしバージョン

感想: 普通においしかったです。だって、厚揚げみたいな豆腐製品に甘味噌つけてたべたりもしますからね。今回は甘味噌が中に挟んであることで、よりおいしく感じました。甘味噌はスーパーで買った「田舎味噌」ですが、出店するときはもうひとひねりしたいです。

IMG_20150527_201637.jpg

 

■試作3号 がんもどきバーガー お好み焼きソース&マヨネーズ&天かす&鰹節 パテなしバージョン

感想: 普通においしかったです。がんもどきと、甘いソースやマヨネーズは結構マッチです。中に天かすも入れてみたら、サクサクとした歯ごたえがアクセントになって、3つ4つ食べたいと思いました。


IMG_20150527_201507.jpg

 

 

■試作4号 がんもどきバーガー ホウレンソウご飯パテ&田舎味噌ソース

感想: 弁当にもってきて食べましたが、普通においしかったです。ただし、ご飯のパテが入ったことで、今までのような「がんも+ソース」のような単純な方程式ではなくなり、複雑系となりました。

今回はがんものバンズにライスパテ、ソースでしたが、普通のハンバーガーにはレタスだのトマトだの玉ねぎだのピクルスだの載っているので、野菜や漬物のアクセントをつけようと思ったら、組み合わせは無限に広がります。

 IMG_20150528_093545.jpg

■ まとめ

今回の感想がすべて 「普通においしかった」でありましたが、出店するとなると普通においしかったではダメで、「劇ウマ!」と思ってもらえるものでありたいです。ただ、複雑にしすぎて素材の味がわからなくなったB級グルメを目指すのか、素材の味も引き立つけど、インパクトはないものになっていくのか、それとも両方の道があるのかはまだわかりません。7月20日にマルシェでお会いできる日を楽しみにしています。

あ、書き忘れましたが、どこを黒くするのかはまだ未定です。ライスパテになるのか、がんもになるのか、あるいはソースになるのか、または謎の隠し味になるのか。

また、今回は炭火焼きにはしませんでしたが、炭火で焼くことでまた印象の違う味になると思います。