【炭.ex】 米米米チャレンジ隊(新潟県三条市)


米米米チャレンジ隊について

今年から有機農家にサポートしていただき、仲間と共同で田んぼを始めます。

グループ名は、「米米米チャレンジ隊」です。

コメコメコメというのは、米やるんだー!という気合いの現れ、チャレンジというのは始めてでもあるし、しかも無農薬にチャレンジする気合いの現れ。

「要するに、『気合だ!気合だー!』だね」というわけではありません。

集まった人たちにも米作りに至るまでのそれぞれの想いや背景の物語があり、つなぎ役やサポートをしてくれている方々にもそれぞれの想いや物語がある。それらがつながってひとつの物語になり、お米のブランド名は、「チャレンジ米 みんなの物語」として育てていきたいです。

2.2反の田んぼに100kgの竹炭を入れ、有機肥料のみを使い、無農薬で米作りを行います。

グループのみんなが初めての米作りのため、どんなお米がどれだけとれるかわかりませんが、物語の登場人物のひとりとして関わっていただけるとありがたいです。

米米米チャレンジ隊の田んぼの炭での土壌改良を支援する

tanbo

 

収穫物の引き渡し時期

9月から10月の稲刈り後に、5kgを送付させていただきます。送料は着払いでご負担いただけるようお願いします。

農作業への参加方法

5月3日 田植え

ほぼ毎週末 草とり

ほぼ毎週 竹を使ったハサ場づくり準備

9月頃 稲刈り、ハサ掛け

 

米米米チャレンジ隊の田んぼの炭での土壌改良を支援する

担当炭焼きハードワーカーからの一言: 私が炭を作ります!

ore毎週日曜日に、田んぼのある地域の竹やぶを整備し、炭にしています。私も田んぼをするメンバーのひとりですが、地元で米づくりができて、山から農地へのつながり、そして、山もきれいになり、土壌も良くなるというサイクルを、この炭.exの仕組みを使って広めていきたいです。

今回は、炭.exを広げていくために、まずは自分が最初のサンプルになり、田んぼをやる自分たちだけではなく、多くの人に食べ物や土壌の未来を作ることに参加していただければと思います。


コメントを残す