ジェイソン・アランブル インタビュー パート1


by ジャコブ・ゴードン ナッシュビル、テネシー 2010年1月20日

農業廃棄物を集めて熱分解することで(低酸素状態で高温で燃やす炭焼きの技術)、世界を救う黒い物質を作ることができる。それはバイオ炭。

バイオ炭を作る際にクリーンエネルギーも発生し、同時にCO2を固定し、農作物や庭を驚くほど肥沃にします。

ジェイソン・アランブルは、バイオ炭を製造する小規模の炭化炉を全世界に普及させたいと事業を行うスタートアップ企業であるRe:Char社の若い創業者である。(昨年6月TreeHuggerにスペシャルレポートを寄稿してくれた)。

ジェイソンは今年のPoP!Tech会議でのソーシャル・イノベーション・フェローであり、PoP!Tech会議で、我々は彼に出会うことができ、バイオ炭と彼の事業についてインタビューすることができた。

このインタビューを行うきっかけをいただいたPop!Tech に感謝します。

iTunesでの対談を聞いてください。

*音声を聞くには、こちらの原文のサイトから聞いてください。
http://goo.gl/l5yvv

TreeHugger: バイオ炭とはいったいどんな物ですか?

ジェイソン・アランブル:

バイオ炭は、バーベキュー用の炭と非常に似ていますが、バイオ炭は廃物(農産物を育てた後の残物、殻、茎、葉、残木からも)から作られます。

それらの廃物を無酸素状態もしくは低酸素状態で下で加熱することで炭にします。

その過程で、多くのエネルギーもできます。 これは本当に熱い、発熱性の反応です。
ですから、我々の技術では、エネルギーとパワーを生むのです。

TreeHugger: あなたの技術で私がバイオ炭を作ったらどうなりますか?どんな作業になりますか?私はなにをすればいいですか?そして結局どうなりますか?

ジェイソン・アランブル: 初めに農業廃物を集めます。

殆どの農家ではすでにこの種の廃物は集められています。彼らは積み重ねて堆肥にしています。

廃物は正しい仕方で、一貫性をもって処理する必要があります。細かく砕かなくてはなりません。

我々はマルチングの機械と、脱穀機でちょうど良い大きさにして炭化炉で処理します。

そこで、炭と発電機を動かすエネルギーを製造することができます。エネルギーを製造した上、製造されたバイオ炭は農地に戻して、実際に約6インチ下に埋めます。

それにより、(温暖化対策のCO2削減のため)炭素を隔離することができる上、農地の生産量を改善できます。

バイオ炭は、実際に大変な土壌改良剤になります。

TreeHugger: それは農産物に良いのですか?

ジェイソン・アランブル: 農産物にも、庭にも、森にも、全てによいのです。

TreeHugger: 廃物のタイプは、食品廃物はどうですか?農産業の副産物でないといけませんか? 

ジェイソン・アランブル:

どんなものでもOKです。

考慮すべきは主に含まれる水分です。乾燥しているほど良い材料です。

食品廃物は湿ってべとべとするものが多いので、乾燥機や太陽熱で乾燥させれば、可能です。

TreeHugger: 大気中のCO2量のためとは、どういう意味ですか?

ジェイソン・アランブル:

バイオ炭を温暖化対策のCO2量削減に使える可能性はとても大きいです。

もしそれを測ることができれば、非常に膨大な量となります。大気から膨大なCO2を削減するのです。

こう考えてみてください。植物を植えて大気からCO2を吸収させます。そして、それを炭にするのです。そうすることで、炭素を炭の形で地球に固定して、大気に出て行かないようにするのです。

炭の中での炭素の滞留時間が、少なくとも2000-2500年であることを、確認しています。あなたが炭を埋めると、炭素はかなりの長い間、大気には戻りません。

TreeHugger: 農産物の収量改善に使われて収穫されたり、耕されたり、家畜に踏まれた場合でも土中に捉えられて、炭素隔離はOKになりますか?

ジェイソン・アランブル:  農地が、かき混ぜられ、ひっくり返されても、炭素は地中に留まります。

TreeHugger: Re:Charは私企業です。なぜ、非営利団体でなく、営利企業として活動を行っているのか?

ジェイソン・アランブル:

技術を発展させる大きな原動力は利益追求です。

投資家を得るためには、彼らは収益を求めますので、ビジネスが持続的であるかどうか、または売れるかどうかを知ろうとします。

我々が人々に炭素減少の重要性を本当に確信させようとしても、投資家は自分の財布の中身を見ようとするでしょう。

技術開発の会社にとって、非利益追求の立場では、投資家と一緒の行動は困難でしょう。

我々は利益的であることで、最大のビジネスの範囲と拡大が可能と考えています。

TreeHugger:バイオ炭によって、経済的でかつエコ的な利益が得られるのにどのような方法がありますか?

ジェイソン・アランブル:

理想的な事例は、アフリカでの小規模な農園で、電力は必要だが、送電線がなく使えない場合です。

彼らは電灯、携帯電話、冷蔵庫(食糧と医薬)を使いたいと希望している。

これらの場所では適正量のバイオマスがある。

一般的に、これらの農園では1-2エーカーの広さがある。数か所の農園が集まれば、炭化炉に必要な十分な量のバイオマスが得られ、電力も十分に生産でき、需要に応じられる。

バイオ炭も十分な量作ることができ、化学肥料への依存を減らすことができる。

TreeHugger: 太陽電池の場合と比較して下さい。もし村が、光電池システムを彼らのエネルギーとして導入しようとする場合について、バイオ炭とで長所短所を比較して下さい。

ジェイソン・アランブル:

太陽発電は偉大です。太陽発電や風力は再生可能なものとして、我々が放出しているCO2量を減らすには明らかに重要なものです。しかし、太陽光にはいくつか問題点があります。

夜間に電気を使おうとした場合、電力貯蔵施設が必要になります。これは風力についても言えます。風力も一定の条件の元でしか作動しません。コストもいまだにかなり高くつきます。

そして、廃棄物も大きな問題でした。

熱分解の技術を使ってバイオ炭を作ることで、廃棄物も片付けることができます。 そして、おそらく最も重要なのは、太陽発電では、すでに排出されたCO2を吸収できないこと。

今すでにCO2は387ppmあり、大半の科学者はこれを350ppmまで下げる必要があると言っています。

これを近い将来に実現するには、炭素排出がゼロ以上のことをしなければならない。

我々は、炭素を減少(carbon minus)させて、炭素の隔離を実際に行わなければならない。

TreeHugger: もし、そのアフリカの村がバイオ炭を製造する炭化炉に投資するとして、額はどうなるのか?

ジェイソン・アランブル: この点で、我々はいまだ検証の段階にあり、技術の発展を繰り返して、確かに機能するかを検証している。すでにクリーンテクノロジーでも最も低い従来のバイオマスのコストと同等にできると信じています。

原文
http://goo.gl/l5yvv

※バイオ炭についてあまり知識のない人に一言

炭 は「熱分解」という技術を使って作られます。これは、無酸素もしくは低炭素状態で木や草などの有機物を加熱することで、炭素と可燃性のガスに分離され、炭 素は炭に、可燃性のガスはバイオガスやバイオオイルとしてエネルギー利用できる技術です。炭素が残るので、CO2をほとんど放出しないクリーンエネルギー として注目されています。バイオ炭とは、農業や林業廃棄物、食料残渣などで作られた炭のことです。

翻訳:澤田 茂友

編集:加藤寛明